スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

上野で桜を眺めながら新印象派展


 今日は上野に行ってきました。

 桜が満開、人も満員。春爛漫です。

 たくさんの花や人を横目にぶらり歩いて、都美術館の新印象派展へ参りました。

 今日が最終日とあって大混雑……かと思いきや、そうでもなし。

 覚悟していっただけにちょっと拍子抜けです。


 新印象派は、モネやルノワールなどのいわゆる印象派の後に現れた、筆触分割や補色の多用などが特徴的な派閥です。

 シニャック、ピサロなんかが有名ですね。

 光のうつろいや軽やかで鮮やかな色遣いが本当に心地よく、思わず深呼吸してしまうような作品です。

 展覧会もとっても癒し系。良かったです。


 全体的に、夕焼けの風景らしい絵が多かったように感じました。

 緑の補色を入れようとするとオレンジの屋根や夕焼けになるのかなあ。

 あんまり詳しくないんで本当かどうか分かりませんが、そんなこと考えながら眺めていました。


 美術館は集中して見てしまうので結構疲れますが、それもいいリハビリでしょうか。

 今週は上野の桜も見頃みたいなので、ぶらぶら美術館に行くのもよいかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト
2015年03月29日 | Comments(0) | Trackback(0) | その他日記
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 
全記事一覧

最新記事

人気記事

カテゴリ

全記事一覧

プロフィール

 

 

ブックマーク

カレンダー

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

にほんブログ村

BLOG RANKING

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。