スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

若冲と蕪村展@六本木サントリー美術館


 六本木にあるサントリー美術館で、伊藤若冲と与謝蕪村の展覧会があったので行ってきました。

 若冲人気のせいか、すごく混んでました。
 ここは上野か!?ってくらい。


 今回なぜ若冲と蕪村が一緒の展覧会なのかというと、生まれた年が同じだから、ということらしいです。

 2人の画家を対比させるという企画は面白いですし、名作もたくさん出ていたのでよかったのですが、ちょっと蕪村に不利な部分もあるように感じました。

 もともと画家として始まった若冲と違って蕪村は元来俳人なので、初期の作品を隣り合わせにされてしまうと力量差が一目瞭然なんですよね。
 若冲なんて天才中の天才絵師ですし、しかもシャープな絵を描いているのでインパクトもどうしても強くなりますし。


 それでも蕪村も晩年は負けていませんでした。
 年を経るにつれて画力が上がるのか、蕪村の独特の柔らかくて優しい味わいが深まってくるのです。

 そんなわけで、ちょっと失礼な言い方かもしれませんが、天才絵師・若冲と比較しながら蕪村の成長を感じる展覧会、という具合でした。


 六本木は今マグリットがアツいみたいですが、日本画がお好きな方はサントリーにぜひ。
 HPには100円引きの割引券が載ってますよ。
関連記事
スポンサーサイト
2015年04月08日 | Comments(0) | Trackback(0) | レビュー
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 
全記事一覧

最新記事

人気記事

カテゴリ

全記事一覧

プロフィール

 

 

ブックマーク

カレンダー

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

にほんブログ村

BLOG RANKING

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。