スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

寒さや雨に弱いってただの甘えじゃないの?という疑問


 うつ病になると寒さや雨に弱くなります。

 でも、寒かったり雨だったりすると憂鬱になるのは健康な人でも同じじゃない?うつ病だからって甘えてるんじゃないの?
 
 うつ病についてよく知らないと、そんな疑問が出てくるのももっともだと思います。


 確かに、寒さや雨が嫌だというのは普通の感情なのだと思います。

 では、うつ病の人が健康な人とどう違うのか。
 それは、嫌な事に対する抵抗力があるかないかだと思うんですよね。

 うつ病になると、嫌な事、不快な事に頑張って対抗するぞ~!という気力がなくなるのです。
 気力が出ないのです。

 イメージとしては、暖炉の焚き木が湿っているのに一生懸命火をつけようとしている状態です。
 乾いた焚き木なら火がついて、寒くても温まることができるのですが、焚き木が湿っているので火がつかないのです。
 なので、寒くても温まることができず、凍りついてしまうんです。


 うつ病って甘えじゃないの?と思う方。
 湿った焚き木をイメージしてみてください。
 そして、燃えたくても燃えられない気持ちを想像してみてください。

 なかなかつらいものですよ。
関連記事
スポンサーサイト
2015年04月13日 | Comments(0) | Trackback(0) | うつ病日記
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 
全記事一覧

最新記事

人気記事

カテゴリ

全記事一覧

プロフィール

 

 

ブックマーク

カレンダー

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

にほんブログ村

BLOG RANKING

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。